カテゴリ:*ビオトープ池( 19 )

春の池は白く濁る。

穀物の成長を助ける穀雨に恵まれ、庭の植物たちもみな元気。
4月12日に撒いた薄マルチ(堆肥、大豆粕、カニガラ、etc.)の効果も出始めて
堆肥の下では白い菌糸が広がっています。
そこで今度は、降雨で酸性化する土壌を中和するため貝石灰を撒く。
庭に(表土に)白いお化粧です (^_^)ゞ エヘ
a0153104_15261142.jpg
大きなビオトープ鉢のほとりでシロヤマブキが花開く頃・・・。
庭の土壌や溜まり水の中では、春~夏の微生物たちが活躍し始めるのです。
うっすらと白濁しているビオトープ鉢の溜まり水。
毎年この季節になると微生物の増殖によりこんな感じになりますが
気温が上がり暑い夏が訪れる頃には、水底の有機物(落葉など)の分解が終わり
濁りのない(といっても、黄色っぽくはある)水に変化します。
水鉢のクロメダカやヤゴたちは毎年繁殖を続けているので生き物の飼育も大丈夫。
あっ、でも・・・。
水質の変化に敏感なエビ類や澄んだ水を好む生き物たちの飼育は難しい、かな?
a0153104_15411038.jpg
最近、大きなビオトープ鉢の周辺でカエルの声が聞こえます。
ケロケロケロ、ケケケ・・・。
落穂の下で冬眠していたアマガエルでも目覚めたのかな?
まだ姿は見えぬけど、今年もどこかの草むら木の枝で御目文字できたら嬉しいな♪
a0153104_16011367.jpg

[ おまけ ] ::::::::::::::::::

4月下旬の裏庭ビオトープ池。
去年、庭の手入れができずに水枯れさせてしまったから
この春は池に棲む川魚たちの姿が見られなってしまいました (/ ヘ ̄、)グスン
夏場の緊急避難場所として一部深くなっているところはあるし
魚の死骸も見られぬけれど・・・う~ん、全滅かな~?
いまは、水辺を好む植物たちがにょきりと伸びているところ。
池の撤去や埋め戻しも考えているけれど
川魚たちの安否も不明だし、このまま自然に任せてもいい・・・かなぁ(悩)
a0153104_16092052.jpg


2014年4月23日。竹垣の前。ヤマアジサイも伸びてきました。
by. *niwanohana こと misuzu

 今日は拙庭にアオスジアゲハとナミアゲハがやってきた!



[PR]
by jardinar | 2014-04-23 16:22 | *ビオトープ池

ツクシカラマツと夏至の庭

夏至の朝。
梅雨前線と台風4号の谷間に差し掛かったのだろうか? ふいに雨が止んだ。
おっとり刀で庭に飛びだし、雑草抜きなどしていたら
切戻し剪定した天人草の茂みで体長3センチほどの成長したチビカマキリと遭遇した。
しまった~カメラがないっ!
チビカマキリさんは逃したけれど、夏至の雨庭パチパチリ... /□\_・)

斑入りミズヒキの足元に咲くツクシカラマツ。ふわふわの小花がかわいいね!
a0153104_1485669.gif

くるカラ&バークチップの広場から、裏庭へと向かう場所。
クランベリーの茂み、を目指していた植栽エリアです。
土質が合わなかったのか?次々と枯れてしまったクランベリーの新苗たち(残り2株)
土壌改良も検討したけれど、う~ん・・・緑のボリューム考え、混植花壇に変えました。
a0153104_14114014.gif

外壁沿いの植込みには、壁の色に合わせて銅葉を少し入れています。
a0153104_1412570.gif

小道の反対側。ビオトープ池の周りの植栽たちは、こ~んな感じ。
基調となる葉色は定番グリーンで、斑入り植物たちがちょっぴり変化を与えてくれる。
薪の小道~くるカラ&バークチップの広場と同様のカラースキームとなっています。
a0153104_14123831.gif

最後に・・・ビオトープ池のほとりで咲くゲンノショウコ。一日花なので撮っておく /□\_・)
a0153104_14133134.gif

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます。
ただいま、「花・ガーデニング」「昆虫写真」カテゴリに参加中。
虫が苦手な方には申し訳ありませんが、どうか僅かな時間お付合いくださいませ。
それから是非~お帰りの際にはポチッと押してやってくださいな(^_^)ゞ

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2013 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2013-06-21 14:30 | *ビオトープ池

雨と水辺の若緑たち

冷たい雨が降りそぼる朝。
週末の空気はひんやりと冷えて、窓辺に佇む猫の背中もいつもよりまんまるです。
カメラを向けると抗議の一鳴き! はいはい・・・写真はあきらめます( ̄ーÅ)グスン

今日は裏庭の景色から。
a0153104_831957.gif

池のほとりのスイートウッドラフ。
別の苗をスイートウッドラフの茂みから救出した際、地下茎の一部が同伴したもよう。
我が家は花壇の土を右へ左へ移すから、しょっちゅうこんな出逢いがあるのです(汗)
a0153104_892917.gif

ビオトープ池の対岸?ヒメコブシ側の植栽は、こ~んな感じ。
サキガケアヤメ、コバノギボウシ、イワヤツデ、テンニンソウ・・・etc.
いろいろな植物たちが、拙庭にしては珍しい密植具合で生えています(汗)
a0153104_8213136.gif

植物の配置が悪いため、季節の交代が上手くいかない(美しくない)ヒメコブシ下は
足を早めて通りすぎ・・・(/へ\*)")) ササッ
a0153104_835131.gif

庭の角に位置する大きな水鉢のほとりへ。
雨が止んだら、白花ヒメシャガの花が見れるかな?
a0153104_8375241.gif

角度を変えて、もう一枚 /□\_・) パチリ
写真左下、下草あたりがなんともいえずダラシナイ(汗)
でもまあ、雨に濡れる新緑の美しさに免じて、今日のところは良しとしよう。
a0153104_8465775.gif

人気ブログランキングへ
いつも応援ありがとうございます。
ただいま、「花・ガーデニング」「昆虫写真」カテゴリに参加中。
虫が苦手な方には申し訳ありませんが、どうか僅かな時間お付合いくださいませ。
それから是非~お帰りの際にはポチッと押してやってくださいな(^_^)ゞ

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2013 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2013-04-21 08:51 | *ビオトープ池

初秋の雨

女心と秋の空・・・というけれど、私は、初秋に降る優しい雨が大好きです。
夏の名残りの暑さを遠ざけ、新たな根を張る植物たちを癒やし支えてくれる雨。
今年は夏の降雨が少なかったこともあり、心の底から「恵みの雨」に思えます。

初秋の雨庭で、清楚な白い花を咲かせているのはチンシバイ(別名:ニワナナカマド)。
夏のあいだも次々と花房をつけ、今もまた初秋の花蕾をつけているところです。
チンシバイって・・・思いのほか花期が長かったのですね。
こういうのを、嬉しい誤算、というのかな? (〃_〃)ゞ
a0153104_10525746.gif

庭を進むと・・・始まりの水鉢。 私のビオトープ庭づくりはこの水鉢がキッカケでした。
他の水辺もそうだけど、季節の変わり目には池(水鉢)の水がほんのり白濁するのです。
きっと(土中の微生物と同じように)水中の微生物も季節毎に増殖交代するのでしょうね。
庭のそこかしこに感じられる秋の気配。頑張れ! 初秋の微生物たち(^_^)g です。
a0153104_11124459.gif

夏の暑さを耐え忍び、ようやく冴えた葉色を魅せるようになってきた斑入り植物たち。
この時季注目しているのは、(写真左側の)斑入り白花ホトトギスです。
夏のあいだに溶けて消えてしまうのではないかと心配したけれど
斑入り葉も茂り、節間の花蕾も膨らんで・・・もうまもなく開花、です。
a0153104_11252565.gif

あめ・・・アメ・・・雨・・・・・・。今日はよく降りますね。
a0153104_1132061.gif

裏庭のキボシアシナガバチたちも大人しくしてくれているので
たまには裏庭のビオトープ池でも御目文字しましょうか (「  ̄ー ̄)アラ、ピンボケネ...
a0153104_1135457.gif

人気ブログランキングへ
常連さんも・・・「はじめまして」さんも・・・ご訪問ありがとうございます。
当ブログは「花・ガーデニング」「昆虫写真」にエントリーしています。
キーボード左下の[ctrl]キーを押しながらWクリック! 是非 ご協力くださいませ。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2012 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2012-09-23 11:36 | *ビオトープ池

ビオトープ池と竹ぼうき

先日の水鉢掃除に引き続き
今日は、ビオトープ池の掃除に挑戦することにしました(^_^)g
a0153104_17114776.gif

池の水自体はそれなりの透明度なのですが
水底にたまった落穂と徒長した水草がなんとも見苦しい状態だったのです。

池の魚たち(5匹・・・あれ? 6匹だったっけ?)をプラ水槽に移動し
落穂と水草は全撤去。
池底の赤玉土をさらってみると
5~10ミリほどの小さなヤゴが思いのほかたくさん見つかりました(喜)

a0153104_17313248.gif

冬の凍結でテラコッタ鉢が割れてしまったので、掃除ついでに植栽帯を新設。
なんと! 土留めには、「竹ぼうきの穂先」を使ってみたんですよ(^_^)b
安くて・・・腐りにくくて・・・小魚や微生物の隠れ家にもピッタリな竹ぼうき。
あなたのお宅でもいかがですか?(x_x) ☆\( ̄  ̄*)バシッ

さて・・・。
水辺の植物にはどんな植物を選んだらいいかしら。
あまり大きな根鉢にならない湿生植物がいいのだけれど・・・( ̄  ̄;) 悩むな~
a0153104_1823122.gif

人気ブログランキングへ
常連さんも・・・「はじめまして」さんも・・・ご訪問ありがとうございます。
当ブログは「花・ガーデニング」にエントリーしています。
キーボード左下の[ctrl]キーを押しながらWクリック! 是非 ご協力くださいませ。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2012 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2012-03-12 18:17 | *ビオトープ池

ビオトープ池周辺の植物

雨の合間を見計らい、今日はビオトープ池周辺の植栽をアレンジしなおしました。
a0153104_13392723.gif

といっても、フェンス際の植栽を斑入りの十和田アシとヤブランに替えただけ。
ちょうど開花期を迎えているヤブランの植替えには気を使いましたが
丈夫な植物ですし根鉢も大きめに掘っているので、ちゃんと定着してくれる・・・はずです。
a0153104_13532958.gif

この夏、ダンゴムシの食害にあって下草が全滅してしまったチンシバイ下には
常緑のヤブコウジ(ただいま結実中!)を迎えました。
大食漢のダンゴムシといえども、さすがに葉茎の固いヤブコウジを完食したりはしないはず。
でも・・・日照不足が心配なので、1株だけ植えて様子見ですσ(^_^;)
a0153104_14141482.gif

池のほとりでツルリンドウの花が咲き始めたので /□\_・)パチリ
a0153104_14184420.gif

草姿も花色も・・・全てがとても繊細で華奢な印象のツルリンドウ。
小さな薄桃色の花は、こんなに素敵な花でした(^_^)
a0153104_17504871.gif

人気ブログランキングへ
いつも訪問してくれて、ありがとう(^_^)
このブログは「花・ガーデニング」と「ペット(昆虫)」にエントリーしています。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2011 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2011-08-25 14:47 | *ビオトープ池

雨の日には 水辺の植物を

「雨だけど (  ̄っ ̄)ムゥ」
そんな家族の声を背に受けながら、今日も私は庭仕事をしています( ̄_ ̄ i)アリャ
a0153104_1449221.gif

だって・・・雨の日には池の水がきれいになりやすいんですもの。
このチャンスに今まで保留してきたビオトープ池の植栽を植えてしまわなければ!(^_^)g
a0153104_14562765.gif

水生植物ってちょっと値段が高めだけれど
初夏を迎える今の時期ならホームセンターなどで手頃な値段の苗が買えるんです。

今回、私が購入した水生植物は・・・
ヤナギトラノオ & シロバナサクラタデ・・・各398円
斑入り小葉ギボウシ "文鳥香"・・・200円
リシマキア ヌムラリア "オーレア"・・・100円

値段も手頃で、状態も良い苗ばかり。私って・・・買い物上手でしょ?(〃_〃)ゞ

こちらは、昨年植えたカキツバタ"天の釣舟"。
写真では判りにくいけれど、植え付け後初めて蕾がつきました。
どんな花が咲くのかな~。開花を待ちわびるこの瞬間が一番の楽しみかもしれません。
a0153104_15305785.gif

雨がやみ、水が澄んでくると・・・ビオトープ池で泳ぐ川魚たちの姿を見ることができます。
a0153104_15522445.gif

でも・・・池の水が黄色いでしょう?
バクテリアの繁殖が不十分なため、水が濁って変色しているのです。
池底には苔藻や魚糞などの堆積物もあるし、梅雨入り前には嫌気性菌を投入する予定。
生態系のサイクルが整えば、もう少し水管理が楽になると思います。
そして・・・水辺の植物たちによる水質浄化もビオトープ池づくりには欠かせない要素です。

人気ブログランキングへ
いつも訪問してくれて、ありがとう(^_^)
このブログは「花・ガーデニング」と「ペット(昆虫)」にエントリーしています。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2011 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2011-05-12 16:17 | *ビオトープ池

年内完成を目指して

秋寒の1日。
植えつけたばかりの新苗が冷たい秋時雨に凍えてしまわないように
庭のあちらこちらに腐葉土を撒きました。
a0153104_12315550.gif

すると・・・。
水鉢の脇にリュウキンカが芽吹いているのを発見!
植物たちも春に備えて着々と準備を進めているのですね。
なんだか、とても嬉しくて・・・心が温かくなりました(⌒_⌒)ニコ
a0153104_12402810.gif

急遽リメイクを始めたビオトープ池も少しずつ作業を進めています。
a0153104_12513779.gif

水辺にグリーンが欲しくて池の大きさを縮小したり、枕木で池縁の処理をしたり。
次々に湧いてくるアイデアに右往左往しながら、年内完成を目指して頑張っています。

人気ブログランキングへ
「花・ガーデニング」と「ペット(魚・水中の生き物)」のカテゴリにエントリーしています。
ワンクリックでランキングアップしていきますので、ご協力よろしくお願いします。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2010 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2010-11-17 13:15 | *ビオトープ池

ビオトープ池のリメイク

ふと思いつき、ビオトープ池のリメイクを始めました Σ( ̄o ̄ i)エエッ!?

本当は水の交換と植栽の管理だけのつもりだったんです。
なんとなく水が濁っている感じだったし
田んぼから採取してきた1年草の水草が冬枯れしたので抜いてしまおうと思って。
でも・・・。
水草を抜いたら根の周りに付着した黒変した荒木田土から悪臭が!!
慌てて池底にスコップを差し込んでみると池底表面の土がヘドロ化していました(/_<)アチャー
a0153104_19534898.gif

写真右下に写っている泥が所々黒く変色しているのがおわかりでしょうか。
このままヘドロ化した土を放置しておくと水質にも影響を及ぼすので
荒木田土を全て取り除き、通気性のよい硬質赤玉土に交換しようと思っています。

池の中で生息していた赤ヒレやドジョウなどは水鉢ビオトープに移動済み。
折角なのでこの機会を利用して水辺の植栽もリアレンジすることにしました。
なだらかな傾斜をもったエコトーンを石で区切り・・・段差をつけ・・・。

池の土・・・私ったら、こんなに入れてたのね~。
重いよ~(´_`。) 臭いよ~(/_<) 腰が痛いよ~(〒_〒)ウウ...

人気ブログランキングへ
「花・ガーデニング」と「ペット(魚・水中の生き物)」のカテゴリにエントリーしています。
ワンクリックでランキングアップしていきますので、ご協力よろしくお願いします。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2010 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2010-11-14 20:26 | *ビオトープ池

ビオトープ池の生態系づくり

ビオトープ池の近況です。
ヒメダカを少し入れたり・・・息子が用水路で捕まえたドジョウを放してみたり・・・
循環ポンプがイマイチ調子が悪かったり・・・。
なかなか水の状態が安定しない今日この頃です Σ(゚口゚;)
a0153104_17434863.gif

水が澄んで池底がきれいに見えるかと思えば、何かの拍子に水が濁る日もしばしば。
環境の変化に弱いのは、まだ水ができていない証拠ですね。
a0153104_17465186.gif

3日ほど前にドジョウを放流してからはこんな状態が続いています。
a0153104_1747124.gif

初期に放ったイトモロコと最近入れたばかりのヒメダカはあっという間に姿を消し
現時点で池に定着、遊泳している魚はアカヒレのみ。
ドジョウは池底に潜り、ザリガニは池底に掘った巣穴や穴あきレンガから
時折姿を見せホテイアオイの根などを食しています。

今日、池のそばに置いたテラコッタポットの縁に
綺麗な青色をしたオオシオカラトンボ(♂)がやってきていました。
・・・が!! 残念ながら、撮影に失敗(/_<)アチャー!!
カメラに収められたのは庭の常連となりつつあるイチモンジセセリだけでした。
a0153104_1756594.gif

さて・・・。
今後のbio池生態系づくりをどう進めるか。
なんとなく私の望むビオトープ像と循環ポンプでの水質管理が
違う方向性を示しているような気がして、現在、水中ポンプの撤去を検討しています。
でも、斜めポットから水が流れなくなってから斑入りセリの状態が悪化しているのも事実。
水質管理のみではなくbio池周辺の環境も含めて「小さな生態系」と捉えるならば
植栽管理なども含めて全体の見直しというか・・・方向性の確認が必要となりそうです。

人気ブログランキングへ
「花・ガーデニング」と「ペット(魚・水中の生き物)」のカテゴリにエントリーしています。
ワンクリックでランキングアップしていきますので、ご協力よろしくお願いします。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2010 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2010-08-27 18:05 | *ビオトープ池