<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

クロユリの新芽と米ぬか肥料

弥生3月の最終日。
巷では、消費税値上げを目前にして、買い物ラッシュが続いているという。
我が家は・・・乗り遅れた、かな?
台所のIHコンロが壊れて、調理加熱をミニIHコンロで代用してるというのに
(グリル機能以外は)特に不便はないからと、新規購入まだ検討中です(汗)
a0153104_09083364.jpg
そんなこんなの年度末。
庭中央の浮島では、待望のクロユリが芽吹きのときを迎えています。
a0153104_09135784.jpg
肥後スミレには、小さな小さな花蕾。
その奥に見えるアジュガ "チョコレートチップ"にも、蕾立つ季節になりました。
a0153104_09170661.jpg
その並び。薪の小道沿いでは、もうすぐスミレの花盛り。
写真手前でたくさんの蕾をつけているのは
薄紫色の花を咲かせるタチツボスミレ、だったかな? (6 ̄  ̄)ポリポリ
a0153104_09281916.jpg
新緑萌えるこの季節。
思いがけないところから姿を現す植物たちや待望の植物たちの芽吹きを待ちながら
今シーズンの庭計画など進めていこうと思います。
a0153104_09330360.jpg
それでは最後に、米ぬか肥料の新着情報をば。
一昨日、酵母発酵の締めくくり&放線菌の繁殖を促すつもりで
庭土少々を加えて切り返し作業を行ったところ・・・再発酵が始まりました(汗)
今朝の時点で、発酵温度34℃。ph3.0(朝の切り返し:なし)。
揮発性アルコール臭・酢酸臭ともに感じられず、微かに甘い香りが漂い始める。
発酵温度上昇による水蒸気も発生。
えーっと・・・これは何? いったい何が起こっているのかな?
麹菌・酵母菌ともに真菌類だから
発酵が進めば、アルコール発酵→酢酸発酵の過程で嫌気的解糖が起こりうる。
となると・・・一回目の発酵は、麹菌・酵母菌、どちらの菌によるものだったのか?
初期発酵臭(イースト臭)と発酵温度(30℃前後)、菌糸の発生状況(気菌糸なし)から
勝手に酵母菌による発酵だと思っていたのだが・・・う~ん、わからん。お手上げです。


2014年3月31日。春の嵐が過ぎて、今日はうららかな陽気になりそうです♪
by. *niwanohana こと misuzu

 米ぬか肥料。今度は麹菌による菌糸発生がみられるといいのにな。



[PR]
by jardinar | 2014-03-31 10:16 | *土ごと発酵&オーガニック

「受験yearの休日自炊生活」と米ぬか肥料

週末の朝。新年度には堂々「受験生」となる次女は
朝早くから自炊して軽い朝食を済ませるとオープンキャンパスに出掛けていきました。
一足早く起きていた長女も、手際よく朝の具沢山スープ作り。
昨年、「自立」と「気分転換」のためにと始めた「受験yearの休日自炊生活」は
この春、次女も参画し、我が家の恒例行事となりそうです。
a0153104_10464697.jpg
約一年間。休日のみならず平日の大半も朝食づくりに勤しんだ長女は
本当に料理上手になったし、食材の使い方や調理の無駄も減ってきた。
「食」に対する意識や経済観念のみならず、家事への理解協力度も高まって・・・
「休日自炊生活」は栄養面だけでなく長女を育んでくれたようです (^_^)g グッ!!
「食べる事は生きること」という言葉をよく耳にするけれど、本当ですね。
始まったばかりの次女の「受験yearの休日自炊生活」が
いろいろなことに気づき、考え、学ぶ機会となってくれることを祈ります。
a0153104_10522713.jpg
さて、裏庭景色。
勝手口脇の枕木花壇でクリスマスローズの花蕾を見つけたので
UPしておきますね (^_^)ニコ
1枚目のクリローは・・・ピンクの花が咲く気がしたけど、糸ピコみたい?
淡いグリーンの花弁の縁にほんのりピンクが見えています。
2枚目は、いまだ瀕死の?原種系クリロー。
昨年あんなに弱っていたのに・・・よくぞ花を咲かせてくれました(涙)
a0153104_11022169.jpg
一方、酢酸発酵中の米ぬか肥料はというと・・・。
切り返しのおかげか? 貝石灰投入(3月28日実施)でやや中和が進んだか?
食酢の臭いも少し弱まり、切り返し直後のphも、ph3.0以下→ph4.0~4.5に変化。
発酵温度も徐々に20℃を下回るようになり・・・発酵終了?の様相です(汗)
a0153104_11131748.jpg
基材の状態を確認するため、目を近づけてよく見ると・・・。
あちらこちらに胞子状の黒い粒。
これは(仕込みと同時に散布した)黒麹焼酎から生まれた黒麹菌、だろうか?
先日の米ぬか肥料レポート(納豆液投入)の後、発酵温度はやや上昇(35~38℃)。
揮発性アルコール臭に混じって納豆臭が漂ったかと思ったら
ところどころに納豆菌コロニー様の塊ができました。
けれど・・・そこまで。
白い菌糸が見えるでもなく。発酵温度が40℃を上回ることもなく。
いったん上昇した発酵温度も(再び始まった食酢臭とともに)低下して
なんとも中途半端な状態です(汗)
我が家の米ぬか肥料は、ただいま現在、どの状態にいるのだろう?
これは使えるものなのか!?
3月2日に仕込んで・・・明日で、ちょうど3週間。
基材に見られる黒い粒々が胞子なら、菌糸発生はこれからか?
まあ・・・いいや。雑菌が入らないよう管理しながら、このまま経過を観察しよう。


2014年3月29日。ダラダラblogを書いてたら、もうお昼だ! ヾ(´ρ`)〃ハラヘッタ~
by. *niwanohana こと misuzu

 今日はハトやヒヨドリたちが庭を訪れ、にぎやかだ。



[PR]
by jardinar | 2014-03-29 13:44 | *土ごと発酵&オーガニック

薪の小道のスミレたち

春雨の降る一日を家族みんなでのんびり過ごして。
明日晴れたら、洗濯物を山ほど洗って干さなけりゃ~と思う庭主です。
今年は花粉症予防に洗濯物を室内干しにしているのだけれど
防ぎきれない室内干し臭にはウンザリしてて。
風にはためく洗濯物とお日様の匂いが恋しくて仕方がありません (/ヘ ̄、)グスン

おまけに・・・ね。
米ぬか肥料の発酵が進んで、家中ものすごい臭いで(汗)
アルコール発酵の後は、酢酸菌の影響か?今朝から米ぬか肥料が食酢臭くて
子供たちからは「明日もこの臭いがするなら、それ!ほかす(捨てる)から!!」って
大ブーイングなんだもの (Tーヾ)エグエグ...

だから、せめて。
ブログだけでも、ニオイスミレの芳香を届けてたくて(写真は昨日撮影したもの)
イエロースイートバイオレット Viola odorata 'Sulphurea' だったかな?
バラアーチのそばで他の植物に押されていたから、昨年?薪の小道沿いに移植して。
今年も無事に愛らしい花姿を見せてくれました。
a0153104_19584428.jpg
薪の小道入口のナツハゼ下では、肥後スミレの新芽も見つかって。
地植えでちゃんと夏冬越すし、毎年、株も大きくなっていくみたい(嬉)
a0153104_21093560.jpg
同じくナツハゼ下には、西洋ナツユキソウ Filipendula ulmaria 'Aurea' の花蕾。
a0153104_21153820.jpg
去年あんなに放ったらかしだったのに、みんな偉いよね♪
植物たちの強さたくましさに・・・感謝!
あっ! こんなところにも、肥後スミレの新芽をみ~つけたっ!!
a0153104_21233587.jpg

2014年3月27日。シジュウカラの鳴き声が春のさえずりに変わりましたね。
by. *niwanohana こと misuzu

 米ぬか肥料。現在、酢酸発酵の影響か? ph3.0以下です。



[PR]
by jardinar | 2014-03-27 22:42

裏庭の春

春進む。
近所の里山では春告鳥のウグイスが鳴き
小さな庭には無事に冬越しをしたチョウやハナアブたちが訪れる。

裏庭にも、春が来た。
というか、我が家の場合、日当たりのいい裏庭から春が来る。
a0153104_13344091.jpg
花の盛りを迎えた黄水仙テタテトの甘い香り。
そして、裏庭の小道沿いで咲き誇るクリスマスローズたち。
a0153104_13411814.jpg
まだまだ植物の配置・ボリュームに調整が必要だけれど
春の始まりはこんなものかな~と思う自分もいたりする (6 ̄  ̄)ポリポリ
もうしばらく経つと、一輪草が咲き・・・ハナニラが咲き・・・緑も増えてくるだろう。
a0153104_13514671.jpg
勝手口脇の花壇も枯れた植物たちを処分し、リニューアル。
既存の植物たちを移植しただけ。だけど・・・今年初めての草いじり、だ。
a0153104_13575202.jpg

2014年3月26日。机上の猫かごで丸まるトラ猫の寝息を聞きながら。
by. *niwanohana こと misuzu

 いつも応援ありがとう♪ 今日もポチッとよろしくです!



[PR]
by jardinar | 2014-03-26 14:13 | *秘密の裏庭

草の芽とコシジオウレン

昨日、息子の卒業式を無事終えて(^_^)ニコ
ひんやり風が冷たい春の朝、です。
たくさんの思い出といろいろな想いを胸に抱いて過ごした一日は
誇らしくもあり・・・切なくもあり。
多くの人たちから頂いた「おめでとう」を複雑な気持ちで受け止める日となりました。
それでも・・・やっぱり。息子の卒業は、かけがえのない大切な「通過儀礼」で。
新たな門出を迎える息子にとって、泣いて笑ってともに過ごした仲間たちと
紆余曲折の日々を支え導いてくださった先生方と迎えたハレの日は
きっといつか「大切な思い出」「人生の宝物」へと守り磨かれていくでしょう。

さて。
朝からこんな写真で恐縮ですが(汗)
今日はミミズと一緒に庭散歩 ゛(6 ̄  ̄)テヘ 春の草の芽探しに出かけましょう。
a0153104_08330317.jpg
おっ! 庭入口で、一輪草(だったよね?)を発見。
去年の同じ頃の写真と比べると・・・芽吹きの時期が遅いかな?
a0153104_08382484.jpg
空を掴むような形のアスチルベ新芽に。オオアマナ(別名:ベツレヘムの星)。
a0153104_08493874.jpg
薪の小道沿いには、ヒメシャガの新芽がツンツン伸びて。
ムラサキサギゴケの新芽も繁殖エリアを拡大中です。
a0153104_08550825.jpg
庭の奥では、コシジオウレン(越路黄蓮)の白い花。
あらっ! 花だけツンツン咲くんだね。 でもまあ、無事な冬越し、何よりです。
a0153104_09003149.jpg
おっ! 寝ボスケ君くんが起きてきた。
今日、次女の終業式が終われば、家族みんなで春休み。
入学進級、各種準備に、etc....いろいろやることあるけれど、まずは・・・休養。
蛙のジャンプを想起して、次に備えて新たな力を蓄えます( ̄Λ ̄)ゞ


2014年3月25日。寝ボスケくんの起床を待ちながら。
by. *niwanohana こと misuzu

 ちなみに! 次女のお疲れさん会は「しゃぶしゃぶ」だって(涎)



[PR]
by jardinar | 2014-03-25 09:12 | *四季の庭景色

黄水仙と春の米ぬか肥料

春分の日を過ぎて。
外の陽射しはすっかり春色になりました。
18日には関東地方にも春一番が吹いて・・・。
冬の名残りの寒風も少しずつ遠ざかり、やさしい春風に包まれる日がくるでしょう。
a0153104_09301495.jpg
さて。
前回の更新でちらりと触れた3月2日仕込みの米ぬか肥ですが。
2週間ほど過ぎて(16日夕方~)ようやく基材の温度が上がり始めたと思ったら
20日の朝にはあっという間に温度低下が始まりました。
早い・・・早すぎる(汗) 30℃超えすら微妙やんっ!
ふと振り返れば、仕込みと同時に湯たんぽ入れて・・・翌々日の夜には25℃超え。
麹菌特有の白い菌糸は見られなかったものの
1週間後には常時28~32℃を保ち、ぬか床の香り(乳酸菌臭?)がしてたっけ(汗)
う~ん・・・発酵のスターター麹菌からではなく、基材に混ぜた乳酸菌が先行したか!?
デンプンの糖化は? たんぱく質の分解はどうなる!? 
あれこれ考えているうちにも基材の温度低下は進みます(21日夕方時点で、22℃)。
a0153104_09304727.jpg
けれど・・・不思議なことに?
米ぬかから漂う匂いはいつのまにやらぬか床臭から甘酸っぱい匂いに変わり
検温の度、子供たちの口からは「甘酒?」「イーストの匂い~」「朝はパン?」等の
声が聞かれるようになったではないですか!
確かにね。ぬか床臭(乳酸菌臭?)は治まったのよ。
基材の温度も真菌(麹菌や酵母菌)が生育しやすい中温だし。
一応、何かの菌(たぶん、酵母菌 )は働いた・・・のかな?
仕込みから1週間ほどすると、ほんのり甘いお酒の香りまで漂って・・・って!
20日頃からは揮発性アルコール臭が徐々に強まっているではないですか~(涙)
a0153104_09310888.jpg
ああ・・・もうっ。こうなったら、ね!
必要以上のアミノ酸分解を防ぐためにも、一か八かの次の手段!( ̄‥ ̄)=3 フン!!
既存の資材(米ぬか、大豆粕、貝石灰、草木灰、カニガラ、etc...)に
前回ご紹介した庭の菌糸と納豆(とぎ汁+糖蜜)を少々加えてみようじゃないですか!
発酵を誘発し、基材の温度上昇を図るため、一回り大きくしたダンボール箱の中央に
お湯を入れたガラス瓶(湯たんぽ代わり)を入れて・・・。
3時間後の検温では、資材の温度はやや上昇。26~28℃になりました。
基材の水分率は、おおよそ40~50%というところ。
基材を握るとおにぎり状に固まって、手を広げるとふんわり解れる状態です。
a0153104_09335524.jpg
春仕込みの米ぬか肥料。これから、どうなりますかね?
半日陰の狭庭では、黄水仙テタテトやクリスマスローズの開花が始まり
あちらこちらで宿根草の新芽たちが春の陽射しを浴びています。
躍動の春。植物たちの成長が楽しみですね。
a0153104_09415973.jpg

2014年3月23日。うららかな春の光を浴びながら。
by. *niwanohana こと misuzu

 明日は息子の卒業式。パパも彼岸で見守っててね。



[PR]
by jardinar | 2014-03-23 22:22 | *土ごと発酵&オーガニック

春の芽吹きと灰かぶり

花見月拾七日。
前回の更新から約10日。またまたのご無沙汰で・・・ごめんなさい。
その間我が家は、長女の卒業式に、お彼岸に向けての墓掃除、部屋の片付けなど
あれやこれやに奔走していました。
途中、疲労の蓄積でちょっぴりダウンしたりして。
相変わらずのドタバタ【新】生活です(汗)
それでも・・・。
家族4人の新たな日々を無事過ごせているのは、家族や友人みんなのおかげ。
彼岸入りを前に、義母から電話を頂いたり、義弟がお墓参りに訪れてくれたり、
近所のママ友さんが愛らしいスミレを届けてくださったり。
多くの人たちの優しい気遣いと温かな見守りがありがたい。
きっと天国では、仏様やご先祖様そして夫が見守ってくれているのだろう。
感謝・・・感謝・・・感謝! みんな、本当にありがとう。
a0153104_08561115.jpg
さて・・・。
閑話休題。庭だより。

そんなこんなで放置している拙庭にも、春がやってきました。
庭のあちらこちらでは、球根や宿根草たちの芽吹き開花が始まり
木々の梢には早春の新芽たちが力強く成長しています。
a0153104_09103315.jpg
冬の落穂のすきまから顔をだす植物たちの愛しさ。
道端から連れてきたスミレも、今年はホラ! こんなに大きくなりました!
こぼれダネで・・・ランナーで・・・殖えていく植物たち(^^)
a0153104_09162000.jpg
庭中央。ナツハゼの木の足元では、西洋オダマキ "チョコレートソルジャー" の新芽も
ワラワラと顔をだして(笑)
a0153104_09180100.jpg
落穂の下では、白い菌糸たちも健在(^^)
たまたまなのか・・・なんなのか!?
腐葉土や落穂だけのマルチの下より、ちょっぴり籾殻を加えたマルチの下のほうが
菌糸たち(放線菌?)の繁殖具合がいいようです。
a0153104_09303040.jpg
春ですね・・・春、ですよ。
ちょっぴり遅くなったけど
今朝は「大豆粕2kg+バットグアノ2kg+カニガラ500g程度」を配合したものを
庭のあちらこちらに浅埋めし、庭全体に草木灰を薄~く撒きました。
草木灰で虫除け(コバエ除け)・・・なるか!?
春の米ぬか撒きは、桜の咲く頃まで待ちましょうか・・・。


2014年3月17日。彼岸の入りを明日に控えて。
by. *niwanohana こと misuzu

 3月2日に仕込んだ米ぬか肥料がようやく温度上昇を始めました!


[PR]
by jardinar | 2014-03-17 09:49 | *土ごと発酵&オーガニック

尾羽のないヒヨドリ

今日は、家族みんなでお墓参りに行ってきました。
てくてく歩いて・・・のんびりと(^_^)
まだまだ風は冷たいけれど、陽射しに、野花に、鳥たちに・・・春を感じる一日でした。

でも・・・。
お墓に着いて、まずはビックリ!
なんと、花立てのお水が凍ってる!!
どうりで昨日、月命日(7日)に備えたはずの生花がしょぼんと萎れているわけだ。
お墓の掃除をして・・・お花を換えて・・・目地入れ確認も忘れずに。
菓子飲み物等のお供えをしたあとで、家族みんなでお線香をあげて・・・。
どうやら私には、声を出して仏様やご先祖様や夫に話しかける癖があるらしい(汗)
ちょっぴりホロリとしてたのに、Kid's にクスクス笑われる・・そんなお参りになりました。

帰り道もてくてくと春を探しながら歩いて・・・路地販売の野菜を買って・・・。
家に着いたら、今度は仏壇に向かって「ただいま」のご挨拶。
梅の木に紅白の花が咲いているから、お線香の香りも「梅の香」です。
a0153104_21162807.jpg
・・・で。ブログの本題。
今日は3月2日撮影の写真を使いまわして、庭を訪れる野鳥たちのお話です。
a0153104_21171898.jpg
先日(3月2日)撮影したヒヨドリ。
猫にでも襲われたのか? 実は、尾羽のない個体(一枚目写真 参照)で
まるで怯えるようにして、庭の草むらなどに隠れてひっそり過ごしていたのです。
他の鳥に狙われないよう・・・また再び、猫などに襲われないように。
フラフラと庭に舞い降りては、庭に残った果実を喰い、水鉢の水を飲んでいました。
a0153104_22432538.jpg
あれから数日後。
ヒヨドリの尻?からは短い尾羽が生えてきて・・・見る見るうちに元気になり・・・
ふいっと飛び立っていきました。野山に・・・巣に・・・帰ったのかな?
その後、見慣れない鳴き声に耳を傾け、庭を眺めると・・・
今度は、スズメくらいの大きさをしたエナガが木々の枝間で遊んでいました。
「こんにちは・・・はじめまして!」
晩冬にはヤマガラのオスもよく現れていたので、うん! bio's 庭計画、順調です。

お墓参りからの帰り道。
田んぼの畦道に、オオイヌノフグリやナズナ?の花が咲いていましたよ!
そろそろ拙庭でも(遅い?)春の土づくりと虫除けのための消毒をしなくちゃな・・・。


2014年3月8日。冬の寒気と春の陽光・・・巡る季節のはざまで。
by. *niwanohana こと misuzu

 PCの交換調整に四苦八苦。う~ん、相変わらずのメカ音痴(汗)


[PR]
by jardinar | 2014-03-08 22:13 | *小さな生き物たち

健やかな成長を願って

桃月参日。
今日は「上巳の節句」「桃の節句」です。
街を歩けば、あちらこちらに雛飾り。市役所には立派なつるし飾りがありました。
素敵だね~可憐で華やかだね~(⌒_⌒) う~ん、いい!

でも今年、我が家は、お祝い事を控えなきゃ。
でも・・・ね。
親心としては、子供たちの健やかな成長と厄除けを願い
細やかながらも季節の節目となる「何か」「節句らしきもの」をしてあげたい。
だから・・・亡き夫には、子供たちを見守ってくれるよう白い花を手向けて。
その花陰にこっそりと。小さなお内裏様を潜ませました ( ̄  ̄;)ゞ ポリポリ....
パパ・・・怒らないでね。まったく、ママは・・・って笑ってね。
a0153104_17105597.gif
にょっきり!菜の花(苦笑)には、やがて心にも訪れるだろう春への願いを込めて。
どうか、子供たちの行く末が健やかで幸いなものでありますように・・・。
今年からは亡き夫の分も心に祈る母なのです。


2014年3月3日 家族の健康と皆さまのご多幸を願って・・・
by. *niwanohana こと misuzu

 お蔭様でランキング600→500位まで上昇中! 皆さん、ありがとう♪


[PR]
by jardinar | 2014-03-03 22:04

Restart....涙雨の降る庭で

a0153104_16554859.gif
花見月弐日。
長いあいだご無沙汰しておりましたが、桃の節句を明日に控えて
当ブログ「庭野花 *niwanohana」 リスタート(Restart:再出発)したいと思います。

昨年10月5日の投稿以降、思いがけない長い休みとなってしまいましたが
ここ数年・・・数ヶ月・・・のあいだに、我が家では本当にいろいろなことがありました。
大腸がんを患っていた夫との(3年半に亘る)闘病生活・・・
病気の発見・告知・・・リンパ節、多臓器、骨転移・・・自宅での看取り・・・最期の心不全。
昨年8月に判明した私自身の病・・・頚椎後縦靭帯骨化症。
祖父・父親(夫)の病を契機に急遽進路変更した長女の看護学校受験・・・etc.
来春受験予定の次女も。この春、卒業・進学を迎える長男も。
みんな、みんな・・・本当に、よく耐え、よく頑張り、大切に過ごしてきた日々でした。

年明けまもなく夫の葬儀を終え、四十九日を終えて・・・。
少しずつ気の張りを弛め、悲しみと身体の疲れを癒やしながら、
家族4人、の新たな日々にどうにかこうにか向き合おうとしているところです。
胸に溢れる夫への想い・・・心を塞ぐ哀しみと切なさ・・・。

でも、ちゃんと生きなければ。食べて。寝て。喜怒哀楽を忘れずに。
急遽訪れた最期の夜・・・何故だかあの日、胸が騒いで。
それでも、パパと、私と、子どもたちと。泣きながら、「約束」したものね。

だから、歩き出すからね。
朝起きて、顔洗って、ご飯食べて、学校行って、家事をして・・・ちゃんと毎日を楽しんで。
泣いたり、笑ったりしながら、生きていこうと思います。

パパ・・・見守っていてね。
パパの仕事道具や身の回りの品の片付けは、まだつらくて、遅々として進まぬけれど
私らしくあれるよう、そろそろ大好きな庭仕事を再開しようと思います。
a0153104_18164759.gif
庭を訪れる野鳥に・・・茶色い地面から芽吹いた球根・・・木々の梢で膨らむ新芽たち。
いつのまにか。気付かぬうちに。
春はそ~っと訪れていたから、どうか、私たち家族にも心の春が訪れますように。
私の足で、私たち家族4人の足で、春を探しに行けますように。
最初の一歩を、いま、踏み出そうと思います。

パパ、どうか私たちのことを見守っていてくださいね。
そして・・・。
このブログを訪ねてきてくださった皆さん。どうか、これから(も)宜しくお願いいたします。
コメントへのお返事はまだつらいので、コメント欄は閉じさせていただきますが
どうかまた足を運んでやってくださいね。
まだまだ落ち着かぬ日々で不定期更新になるかと思いますが、次回からは!
なるべく普通に・・・しんみりせずに(汗)....庭景色などお届けしていく予定です。
a0153104_18232265.gif

2014年3月2日 涙雨の降る庭を眺めながら・・・
by. *niwanohana こと misuzu



[PR]
by jardinar | 2014-03-02 18:41 | *welcome