梅雨庭の水景色

朝から降り続く梅雨の雨。
しとしとザーザー降っては、木の葉草の葉濡らすので、名実ともに「しっとり」している拙庭です。
こんな天気の日に庭の緑を撮っても、重く枝垂れているだけだから
今日は(昨日お届けした)水辺のハグロトンボに託けて、水辺の景色をお届けしてみようかな。

まずは・・・大きな水鉢。
直径90センチほどの鋳物製水鉢の縁は、ぐるりと緑に囲まれて
覗き込まなければ水辺が見えぬほど鬱蒼とした場所になっています。

a0153104_10380972.jpg

水鉢の設置とともに放したメダカは、淘汰の末についにこの春姿を消して(汗)
現在、生息確認できるのは、サカマキガイやカワニナくらいかな。
池底の砂利土をさらえば、トンボの幼虫(ヤゴ)など潜んでいるかもしれないけれど
季節的には羽化を迎える大切な時季。そっと見守ってあげましょう。

a0153104_11074401.jpg

季節の変わり目になると、溜め池の水は薄っすらと白く濁る↑
これは水中のバクテリアが増殖し有機物(魚の死骸や糞、落ち穂など)を分解している証なので
強烈なヘドロ臭など漂っていなければ、特段心配することもなく、手を加える必要もない。
一方、一度干からび池底の土が剥き出しとなった裏庭のビオトープ池の水は
降雨による新たな溜まり水なので、バクテリアによる水の白濁もなく比較的澄んだ状態だ↓
ここには一体何が棲んでいるのだろう?
昨夏以降、管理が行き届かなかったため、庭主にも何がどうなっているのかわからない \( ̄  ̄*)バシッ

a0153104_11171330.jpg

地上でわさわさ茂る水草の根元は、こ~んな感じ。

a0153104_11264100.jpg

で、地上部は・・・こう。
写真右側。白花サクラタデが茂っている場所が、庭主自作のビオトープ池。
当初は「叩き粘土」を意識して池底に防水シートと荒木田土など敷きこんだが
現在は(ヘドロ臭の発生を嫌って)大小さまざまな多孔質の砂利が敷き詰めてある。
ザリガニなど粘土層に生息する生き物を飼うなら田土・荒木田土などを敷くことをお勧めするが
土の厚さが足りないと、確実に防水シートが破られ、池の水漏れにつながるので要注意!(体験済み 汗)
表面を粒子の細かい砂や砂利にしてあげれば、池底の砂利が大粒でも、ヤゴ等の生息は可能なので
有機物による泥の腐敗とニオイの発生、アオモの増殖を嫌うなら、「砂利敷き」の方が良いかもしれません。

a0153104_11291497.jpg

さて。
これから迎えるヤブ蚊発生の時季に向けて、拙庭ではどんな対策を練ろうかな?
今年は水辺の魚が全滅してしまったので、まずは捕食者である(魚などの)生き物を放つことかしら?
う~ん・・・エビは水質の変化に敏感だから、金魚やメダカが丈夫で手っ取り早いかな~(汗)



2014年06月28日。それよりこの夏、裏庭のビオトープ池に水を保っておけるのか!?
by. *niwanohana こと misuzu

 ( ̄_ ̄ )。o0○ 今年はトンボの羽化を見れるかな~



[PR]
# by jardinar | 2014-06-28 11:55 | *bios-NIWA Lesson

ハグロトンボの休日

小さな水辺が点在している拙庭では
毎年初夏を過ぎるとハグロトンボの姿が頻々と見られるようになる。

a0153104_15550260.jpg

ハグロトンボと初めて出逢ったときには、近隣の里山や田畑の豊かさに感動し
「こんなトンボもいるのだ」と驚いたものである。
流水域を好むというハグロトンボのことだから
「単なる溜め池」でしかない拙庭の水辺に訪れることはないだろうと思っていたら
初年度には通りすがりの偵察として、次年度からは夏の常連として、庭を訪れてくれるようになっていた。

a0153104_15552504.jpg

普段、庭で見かける小さな生き物たちもそうだけど
拙庭は地域の自然環境にも恵まれて、その恩恵をたっぷり享受させてもらっている (^_^)ゞ エヘ
嬉しいな♪ 愉しいな♪ うん・・・本当にありがたい。

a0153104_15554677.jpg

今日は、つがい?のハグロトンボが訪れて、日がな一日のんびり庭で過ごしていたよ。
全身が黒いほう(↑)がメスで、腹部が青緑色に輝いている(↓)のがオス。
この写真だとわかりづらいけど(汗) 本当にきれいなメタリックブルーで、ついつい見惚れてしまうんだ♪

a0153104_15572634.jpg

庭に小さな生き物たちを呼ぼうと思ったら
まずは、その地域にどんな生き物たちが棲んでいるのか調べてみるといいかもね!
別に小難しく考えなくたって、近所を散歩していると出逢える野鳥や昆虫たちがいる。
それらの好む植物(草、花蜜、果実)を植えれば、チョウや吸蜜性のハチがそのうち自然と集まるし。
アブラムシが集えば、それを食するテントウムシが。アオムシが孵れば、野鳥や肉食性のハチたちがやってくる。
あとは庭の環境を知ること。
陽射しの向きや日照時間・・・風の通り抜ける方向・・・etc.
庭を訪れる生き物たちが教えてくれることも多いから、四季折々に観察すると見えてくることもいっぱいある。
拙庭を訪れるハグロトンボだって、最初は水面のきらめきに惹かれて、庭に舞い込んだだけだろう(汗)
でも、最大の秘訣は「時間」かな?
小さな苗が数年かけて大きく充実した株に育っていくように、庭の環境や生態系もゆっくり時間をかけて育つから
「焦らずに待つこと」が一番大切なことなのかもしれない、と思う庭主なのでした (^_^;)ゞ

最近「鳥や虫たちを呼ぶコツは?」というご質問や検索を頂戴することが多いので
さらっと簡単にではありますが、庭主が普段心がけていることなどまとめてみました <(_ _)> 簡単スギテ、ゴメンナサイ


2014年06月27日。あっ! あとは、隠れ場、遊び場、水飲み場などをつくってあげるとか?
by. *niwanohana こと misuzu

 あれっ!? 前回予告したグランドカバーと幼カマキリの写真は~?(汗)



[PR]
# by jardinar | 2014-06-27 16:19 | *小さな生き物たち

裏庭のソバナと赤筋ソレルの受難

愚図ついた天気が続き、集中豪雨の被害も聞かれるようになりましたね。
皆さんがお住まいの地域で大きな被害等でないことをお祈りしています。

さて、今日の庭景色はというと・・・。
オリーブの梢で必死に大きなアオムシを枝から引っぺがしているシジュウカラと出遭いました。
喰うほうも喰われる方も必死で、意外なほど強引な捕獲をしていることに、驚き。
尚且つ、それを冷静に眺めて「庭管理がラクで助かるわ~」と思っている、自分に驚き。
また新たな発見をした朝でした ( ̄_ ̄ i)タラー

a0153104_08482000.jpg

裏庭ビオトープ池のほとりでは、ソバナの花が咲き始め、とても涼やかな佇まい (^_^)
今年は株も充実し、花数も豊富について・・・本当に喜ばしい限りです♪

a0153104_08515018.jpg

その向かい側。枕木花壇では、赤筋ソレルの周りが大変なことになっていて・・・。
どうなることやら。どうすることやら。考えあぐねているところです(汗)
まあ、自然の淘汰に委ねてみても宜しかろう。これも拙庭の愉しみのひとつ。
それぞれ競争しながら生き残ることができたなら、それは新たな「季節の交代」になるものね♪

a0153104_08581233.jpg

そろそろ初夏の開花期を終えて、花色が後退しはじめた裏庭壁面のクレマチスで、小さな黒い虫を発見!
君とは前にも出逢ったね♪
花の終わりの競演に ( ̄_/■ゝ パチリ!! と記念撮影しておこう。

a0153104_09071779.jpg

今日は昨日の疲れも残っているため、これにて退場 ヾ(^_^)マタネー

昨日はリウマチ膠原病科で、血液検査の結果等伺ってきましたよ。
簡単に言うと・・・いくつかの抗核抗体の数値が高く「膠原病の疑い」「発症の可能性」はあるけれど
「○○症」「○○症候群」と確定診断できるほどの材料が揃わず(汗)
けれども、日常の生活にやや支障をきたす程度の各種症状は継続中のため
身体になんらかの異常が(併存して)発生しているのは間違いないだろうとのことでした。
そのため、それらの症状を総合的専門的に診てくださる病院をまた新たに紹介されました。
当面のフォローと薬の処方はリウマチ膠原病科のDrがしてくださるというので
昨日は紹介先の病院で伝えるべきことのアドバイスと鎮痛剤等の追加処方をしていただき、帰宅しました。
まあ、可能性として告げられている病名がどれも完治が難しく一生のつきあいになるものばかりなので
無理せず(←自分に言い聞かす 笑)ぼちぼちやっていこうと思います ゛(6 ̄  ̄)ポリポリ



4年6月26日。昨年のドカ雪のためか? 今年はカマキリの数が少ないね~(汗)
by. *niwanohana こと misuzu

 次回は、拙庭のグランドカバー植物と幼カマキリ写真をお届けいたします♪



[PR]
# by jardinar | 2014-06-26 09:22 | *秘密の裏庭