<< シルバーキャラウェイの蕾 春の雪が融けたら >>

バラの蕾と虫の道

涼やかな風。穏やかな日差し。
ようやく春らしい陽気が戻ってきました。
草花たちも青い空に向かって背を伸ばし、久しぶりの太陽を満喫しているようです。

庭を散策していたら小さなバラの蕾を見つけました。
ポリアンサローズ シュネープリンセス。
今シーズン最初の蕾です。
a0153104_15552225.gif

そろそろバラの季節が始まるけれど、心配なのは病害虫被害。
ミニバラの白レンゲにはすでにうどん粉病の様相が現れています。
処分品として苗を購入した際にうどん粉病に冒されていた古枝は取り除いたのですが
まだ少し菌が残っていたようです。
応急処置として、被害の大きい葉は取り除き、ニームや木酢液が配合された防虫剤を
散布しておきましたが、やはり薬剤散布が必要でしょうか。
できれば強い薬は使いたくないのですが・・・何かいい対処法はないものでしょうか。
a0153104_1682757.gif

心配といえば、アブラムシの被害も気になります。
晴れて暖かな日差しが戻ったと思ったら、虫たちも一斉に活動を開始。
今日はバラやコデマリの新梢でアブラムシを発見しました。
可哀相だな~と思いつつ、指先でプチプチッと退治。殺生ですね(^^;)"

a0153104_16481531.gif暖かくなってくると虫たちの活動も活発になっていきますね。
我が家の庭は昆虫たちの通り道になっているので今日観察していただけでも蜂やモンシロチョウなど数種類の昆虫たちがほぼ同じコースを通り過ぎていきました。
「虫の道」ができる条件はなんでしょう?太陽光線、通風の具合、それとも・・・。
同じ軌道を辿るように庭を通り過ぎていく昆虫たちの姿を眺めながら、今日はそんなことをつらつらと考えてみました(^_^)

人気ブログランキングへ
ご訪問ありがとうございます。
お帰りの際はプチッとヨロシク!

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright(C)2009-2010 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2010-04-18 16:31 | *四季の庭景色
<< シルバーキャラウェイの蕾 春の雪が融けたら >>