<< 「心配だけ」 秋色の実 >>

家庭菜園の片隅に。

秋の訪れを感じさせるような涼やかな風が吹く1日。
庭にはセセリチョウを始め、トンボやコガネムシなどたくさんの昆虫が訪れています。
a0153104_1152938.gif

今日の庭仕事は秋植え球根の植え付け。
冬には葉を落としてしまう裏庭家庭菜園のカシワバアジサイの株元を彩ってもらえるよう
春咲きの球根を植えました。

黄花カタクリは比較的耐暑性があり夏越ししやすい西洋カタクリです。
学名はエリスロニウム"パコダ" (Erythronium pagoda)。
我が家では珍しい黄花だけれど、早春の庭を明るくしてくれたらと思っています。
a0153104_121166.gif

黄花カタクリと合わせて植えたのは春咲きクロッカス"ジャンヌダルク"です。
深植えすれば数年は植えっぱなしでいいというので10センチほどの深さで植えました。
a0153104_12382065.gif

上の写真の右側に見えているのが黄花カタクリ。手前の丸い球根がクロッカスです。
初めは混植するつもりだったのですが
黄花カタクリの葉の茂りとクロッカスの草丈を考え、植えるエリアを分けました。
クロッカスの球根ってアネモネの下に植えても発芽するかしらね。
もし発芽してくれるようならアネモネの下にも球根を植えてみたいな~。

人気ブログランキングへ
「花・ガーデニング」と「ペット(魚・水中の生き物)」のカテゴリにエントリーしています。
ワンクリックでランキングアップしていきますので、ご協力よろしくお願いします。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2010 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2010-09-10 12:48 | *収穫する庭
<< 「心配だけ」 秋色の実 >>