<< 青梅雨の庭を舞う 雨宿りするナミアゲハ >>

小さな虫と花くらべ

昨日ナミアゲハとともにチラリとご紹介させていただいたクガイソウです。
ゴマノハグサ科クガイソウ属の多年草。輪生した葉と長い総状花序をもっています。
a0153104_902151.gif

1つ1つの花冠は筒型をしていて・・・長い雄シベが2本、花冠から飛び出しています。
a0153104_993198.gif

一方、とてもよく似た草姿をもつ西洋ルリトラノオ"ロンギフォリア"は
同じゴマノハグサ科でも別属に属しています。
a0153104_9183577.gif

葉は対生で、長い総状花序に咲く花冠は4つに深く裂けているのが特徴です。
a0153104_923531.gif

あっ・・・小さなバッタを発見!!
体長は5ミリほど。ショウリョウバッタではないかと思われます。
a0153104_9275915.gif

私の虫探しはこんな偶然が重なって出会いのときを迎えるものばかり。
ユリ科のコシキシマシライトソウの花茎で見つけたワカバグモとの出会いも偶然でした。
a0153104_9343130.gif

自然の造形って本当に美しくて、面白いものばかりですよね。
夏至を間近に控えたこの季節。
半日陰の庭では小さな花をたわわにつけた花穂たちが優しく風に揺れいています。
a0153104_938546.gif

人気ブログランキングへ
いつも訪問してくれて、ありがとう(^_^)
このブログは「花・ガーデニング」と「ペット(昆虫)」にエントリーしています。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2011 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2011-06-18 09:45 | *小さな生き物たち
<< 青梅雨の庭を舞う 雨宿りするナミアゲハ >>