<< 庭中央の浮島で 茫然自失、の浮島で >>

芽出し肥をまく

寒気を遠ざける恵みの雨が降ったあと、小春日和のような暖かな日が続いています。
晩冬の季語に「春隣 はるとなり」という言葉がありますが
今がまさに「春隣」・・・春の足音に耳澄ませ心躍らせる季節なのかもしれません。

そこで・・・。
せっかちな私は、2月の中旬に差し掛かる晩冬のこの時期に
この春?最初の米ぬか撒きと芽だし肥を行なうことにしました。
今ならまだ冬のマルチが残っているし、小さな虫たちは休眠中。
うん! この時季、この陽気、を逃すわけにはいきません(^_^)g
a0153104_1615227.gif

米ぬか撒いて・・・ニンニク唐辛子液を潅水させて・・・芽だし肥を表土に撒いて・・・。

土壌微生物の活性化と萌芽をうながす施肥を兼ねた早春の土づくりを始めましょう!

今回、芽だし肥として使うのは、内城菌が配合された有機肥料「健やかファーム」
米ぬかも配合されているということでしたが、生の米ぬかも表土に薄く撒きました。
米ぬかと内城菌、そして既存の土壌微生物たちが菌糸を形成するのに・・・約2週間。
このタイミングでこの春?最初の米ぬか&芽だし肥撒きを行なえば
2月末~3月上旬にかけて、追加の米ぬか&芽だし肥撒きもできるのです(^_^)v

とはいえ、それも季節の進み具合によるのかな?
庭土や植物たちの様子を見て追加の施肥を行なうも良し。
3月中~下旬から活動を始めるセンチュウなどを懸念して、施肥を控えるも良し。
ただ、桜が咲く頃を目処にもう一度、米ぬか撒きは実施する予定です。
a0153104_16492299.gif

ああっ、そうだっ!!
次回の米ぬか(&芽だし肥)撒きのときは、敷き藁の撤去もしなくては!
春になると敷き藁が腐り、土中のチッソを横取りされてしまうので
やるべきことを忘れないよう・・・今からちゃんと、〆(゚_゚*)メモメモ です。

人気ブログランキングへ
常連さんも・・・「はじめまして」さんも・・・ご訪問ありがとうございます。
当ブログは「花・ガーデニング」にエントリーしています。
キーボード左下の[ctrl]キーを押しながらWクリック! 是非 ご協力くださいませ。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2012 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2012-02-10 16:52 | *土ごと発酵&オーガニック
<< 庭中央の浮島で 茫然自失、の浮島で >>