<< 産卵直後?のキリギリス 雨庭の昆虫たち、と防除法? >>

混みこみでもスッキリ?

今日もときおり小雨がぱらつく梅雨景色。
降ったり止んだり・・・曇天を透かして日差しがでたり・・と忙しい。
こんな日は庭仕事もままならぬので、マグカップ片手に庭のことなど考える。
お題は・・・夏剪定と株間について、かな?
今日の写真は株元中心のローアングルで。地味写真ばかりになりますが、ご容赦を。
a0153104_11211343.gif

上の写真の右中央(ロゴ近辺)に、赤すじソレルが植えてあるのが見えるでしょうか?
ググッと寄って、もう一枚。ヨトウムシの食害でみる影もないソレルです。
ひどい草姿でしょう~全くっ!
でもね(^_^)b この姿、この状況が、我が庭の秘訣でもあるんです。
基本、常緑のソレルですから、緑寂しい冬の庭では色を添え
緑ゆたかな夏の庭ではホスタに覆われ、虫に喰われて消えていく・・・。
日頃は敬遠忌避される昆虫たちの食害も、虫の種類やその程度によって
または植物の配置の仕方によって、庭管理に役立たせることもできるのです。

        まあ さすがに ここまでやられてしまうと枯れる心配もありますが σ(゚_゚i)ポリポリ
a0153104_1130291.gif

一方、こちらは人の手により緑のボリューム調整をするエリア。
常緑だったり・・・病害虫に強かったり・・・樹勢が強かったりすると
どうしても人が手を入れて、枝を空いたり、脇芽を間引いたりする必要があるのです。
こういう場所は、庭主の思うままに管理できるので、手間はかかるが気軽でいい。
夏剪定。植物の種類と生育具合によって多少異なるけれど
このエリアに限って言えば、枝数の1/2~2/3を落として整理するのが庭主の好みです。
a0153104_1293321.gif

ちなみに・・・このエリアの株間はこのくらい。
狭いエリアに、カンボク1株、コバノズイナ1株、アメリカナンテン2株などが植えてあり
株間は、えっと・・・それぞれ15センチほど。植物には厳しい超過密なエリアです(汗)
a0153104_12285953.gif

「この空間は緑が充実しているな~」
そう思うエリアほど、株間は狭く過密気味。
このエリアだって、ナツハゼやドウダンツツジなどの低木の下に
ヒメヒオウギや地エビネなど数種類の宿根草を配してあるし・・・ね。
このエリアの植栽ポイントは、樹木の枝張りと草木の高低差(^_^)b
「余白」や「空間」を活かして植物たちを配置できれば
混みこみでもスッキリとした印象になるから、植栽アレンジって面白いですよね。
a0153104_12542890.gif

人気ブログランキングへ
常連さんも・・・「はじめまして」さんも・・・ご訪問ありがとうございます。
当ブログは「花・ガーデニング」「昆虫写真」にエントリーしています。
キーボード左下の[ctrl]キーを押しながらWクリック! 是非 ご協力くださいませ。

pequeno*@Tokyo machida-si
Copyright (C) 2009-2012 misuzu. All Rights Reserved.
[PR]
by jardinar | 2012-07-08 13:02 | *bios-NIWA Lesson
<< 産卵直後?のキリギリス 雨庭の昆虫たち、と防除法? >>