<< 黄水仙と春の米ぬか肥料 尾羽のないヒヨドリ >>

春の芽吹きと灰かぶり

花見月拾七日。
前回の更新から約10日。またまたのご無沙汰で・・・ごめんなさい。
その間我が家は、長女の卒業式に、お彼岸に向けての墓掃除、部屋の片付けなど
あれやこれやに奔走していました。
途中、疲労の蓄積でちょっぴりダウンしたりして。
相変わらずのドタバタ【新】生活です(汗)
それでも・・・。
家族4人の新たな日々を無事過ごせているのは、家族や友人みんなのおかげ。
彼岸入りを前に、義母から電話を頂いたり、義弟がお墓参りに訪れてくれたり、
近所のママ友さんが愛らしいスミレを届けてくださったり。
多くの人たちの優しい気遣いと温かな見守りがありがたい。
きっと天国では、仏様やご先祖様そして夫が見守ってくれているのだろう。
感謝・・・感謝・・・感謝! みんな、本当にありがとう。
a0153104_08561115.jpg
さて・・・。
閑話休題。庭だより。

そんなこんなで放置している拙庭にも、春がやってきました。
庭のあちらこちらでは、球根や宿根草たちの芽吹き開花が始まり
木々の梢には早春の新芽たちが力強く成長しています。
a0153104_09103315.jpg
冬の落穂のすきまから顔をだす植物たちの愛しさ。
道端から連れてきたスミレも、今年はホラ! こんなに大きくなりました!
こぼれダネで・・・ランナーで・・・殖えていく植物たち(^^)
a0153104_09162000.jpg
庭中央。ナツハゼの木の足元では、西洋オダマキ "チョコレートソルジャー" の新芽も
ワラワラと顔をだして(笑)
a0153104_09180100.jpg
落穂の下では、白い菌糸たちも健在(^^)
たまたまなのか・・・なんなのか!?
腐葉土や落穂だけのマルチの下より、ちょっぴり籾殻を加えたマルチの下のほうが
菌糸たち(放線菌?)の繁殖具合がいいようです。
a0153104_09303040.jpg
春ですね・・・春、ですよ。
ちょっぴり遅くなったけど
今朝は「大豆粕2kg+バットグアノ2kg+カニガラ500g程度」を配合したものを
庭のあちらこちらに浅埋めし、庭全体に草木灰を薄~く撒きました。
草木灰で虫除け(コバエ除け)・・・なるか!?
春の米ぬか撒きは、桜の咲く頃まで待ちましょうか・・・。


2014年3月17日。彼岸の入りを明日に控えて。
by. *niwanohana こと misuzu

 3月2日に仕込んだ米ぬか肥料がようやく温度上昇を始めました!


[PR]
by jardinar | 2014-03-17 09:49 | *土ごと発酵&オーガニック
<< 黄水仙と春の米ぬか肥料 尾羽のないヒヨドリ >>