<< クロユリの新芽と米ぬか肥料 薪の小道のスミレたち >>

「受験yearの休日自炊生活」と米ぬか肥料

週末の朝。新年度には堂々「受験生」となる次女は
朝早くから自炊して軽い朝食を済ませるとオープンキャンパスに出掛けていきました。
一足早く起きていた長女も、手際よく朝の具沢山スープ作り。
昨年、「自立」と「気分転換」のためにと始めた「受験yearの休日自炊生活」は
この春、次女も参画し、我が家の恒例行事となりそうです。
a0153104_10464697.jpg
約一年間。休日のみならず平日の大半も朝食づくりに勤しんだ長女は
本当に料理上手になったし、食材の使い方や調理の無駄も減ってきた。
「食」に対する意識や経済観念のみならず、家事への理解協力度も高まって・・・
「休日自炊生活」は栄養面だけでなく長女を育んでくれたようです (^_^)g グッ!!
「食べる事は生きること」という言葉をよく耳にするけれど、本当ですね。
始まったばかりの次女の「受験yearの休日自炊生活」が
いろいろなことに気づき、考え、学ぶ機会となってくれることを祈ります。
a0153104_10522713.jpg
さて、裏庭景色。
勝手口脇の枕木花壇でクリスマスローズの花蕾を見つけたので
UPしておきますね (^_^)ニコ
1枚目のクリローは・・・ピンクの花が咲く気がしたけど、糸ピコみたい?
淡いグリーンの花弁の縁にほんのりピンクが見えています。
2枚目は、いまだ瀕死の?原種系クリロー。
昨年あんなに弱っていたのに・・・よくぞ花を咲かせてくれました(涙)
a0153104_11022169.jpg
一方、酢酸発酵中の米ぬか肥料はというと・・・。
切り返しのおかげか? 貝石灰投入(3月28日実施)でやや中和が進んだか?
食酢の臭いも少し弱まり、切り返し直後のphも、ph3.0以下→ph4.0~4.5に変化。
発酵温度も徐々に20℃を下回るようになり・・・発酵終了?の様相です(汗)
a0153104_11131748.jpg
基材の状態を確認するため、目を近づけてよく見ると・・・。
あちらこちらに胞子状の黒い粒。
これは(仕込みと同時に散布した)黒麹焼酎から生まれた黒麹菌、だろうか?
先日の米ぬか肥料レポート(納豆液投入)の後、発酵温度はやや上昇(35~38℃)。
揮発性アルコール臭に混じって納豆臭が漂ったかと思ったら
ところどころに納豆菌コロニー様の塊ができました。
けれど・・・そこまで。
白い菌糸が見えるでもなく。発酵温度が40℃を上回ることもなく。
いったん上昇した発酵温度も(再び始まった食酢臭とともに)低下して
なんとも中途半端な状態です(汗)
我が家の米ぬか肥料は、ただいま現在、どの状態にいるのだろう?
これは使えるものなのか!?
3月2日に仕込んで・・・明日で、ちょうど3週間。
基材に見られる黒い粒々が胞子なら、菌糸発生はこれからか?
まあ・・・いいや。雑菌が入らないよう管理しながら、このまま経過を観察しよう。


2014年3月29日。ダラダラblogを書いてたら、もうお昼だ! ヾ(´ρ`)〃ハラヘッタ~
by. *niwanohana こと misuzu

 今日はハトやヒヨドリたちが庭を訪れ、にぎやかだ。



[PR]
by jardinar | 2014-03-29 13:44 | *土ごと発酵&オーガニック
<< クロユリの新芽と米ぬか肥料 薪の小道のスミレたち >>