<< 四月初めの庭景色 「受験yearの休日自炊生活」... >>

クロユリの新芽と米ぬか肥料

弥生3月の最終日。
巷では、消費税値上げを目前にして、買い物ラッシュが続いているという。
我が家は・・・乗り遅れた、かな?
台所のIHコンロが壊れて、調理加熱をミニIHコンロで代用してるというのに
(グリル機能以外は)特に不便はないからと、新規購入まだ検討中です(汗)
a0153104_09083364.jpg
そんなこんなの年度末。
庭中央の浮島では、待望のクロユリが芽吹きのときを迎えています。
a0153104_09135784.jpg
肥後スミレには、小さな小さな花蕾。
その奥に見えるアジュガ "チョコレートチップ"にも、蕾立つ季節になりました。
a0153104_09170661.jpg
その並び。薪の小道沿いでは、もうすぐスミレの花盛り。
写真手前でたくさんの蕾をつけているのは
薄紫色の花を咲かせるタチツボスミレ、だったかな? (6 ̄  ̄)ポリポリ
a0153104_09281916.jpg
新緑萌えるこの季節。
思いがけないところから姿を現す植物たちや待望の植物たちの芽吹きを待ちながら
今シーズンの庭計画など進めていこうと思います。
a0153104_09330360.jpg
それでは最後に、米ぬか肥料の新着情報をば。
一昨日、酵母発酵の締めくくり&放線菌の繁殖を促すつもりで
庭土少々を加えて切り返し作業を行ったところ・・・再発酵が始まりました(汗)
今朝の時点で、発酵温度34℃。ph3.0(朝の切り返し:なし)。
揮発性アルコール臭・酢酸臭ともに感じられず、微かに甘い香りが漂い始める。
発酵温度上昇による水蒸気も発生。
えーっと・・・これは何? いったい何が起こっているのかな?
麹菌・酵母菌ともに真菌類だから
発酵が進めば、アルコール発酵→酢酸発酵の過程で嫌気的解糖が起こりうる。
となると・・・一回目の発酵は、麹菌・酵母菌、どちらの菌によるものだったのか?
初期発酵臭(イースト臭)と発酵温度(30℃前後)、菌糸の発生状況(気菌糸なし)から
勝手に酵母菌による発酵だと思っていたのだが・・・う~ん、わからん。お手上げです。


2014年3月31日。春の嵐が過ぎて、今日はうららかな陽気になりそうです♪
by. *niwanohana こと misuzu

 米ぬか肥料。今度は麹菌による菌糸発生がみられるといいのにな。



[PR]
by jardinar | 2014-03-31 10:16 | *土ごと発酵&オーガニック
<< 四月初めの庭景色 「受験yearの休日自炊生活」... >>