<< ベツレヘムの星 初夏を待つ青花たち >>

先に謝っておくね。

今日の夕方以降は雨らしい、という関東地方。
風雨に備えて庭確認を行いながら、同時に庭木の透かし剪定を試みる。
足元の下草たちも同様。
雨後の蒸れやうどん粉病の発生が懸念される季節になったので
要注意植物たちを中心に間引きや透かし剪定などの手入れを行っていく。

白い小花が開き始めたヒメウツギも生育旺盛で(汗)
本当は不要な枝を取り除きたいけれど、花が終わるまでは・・・う~ん、我慢。
比較的、蒸れにも病害虫にも強いから、慌てなくても大丈夫 (^_^)g・・・だろう。

a0153104_10220810.jpg

風鈴ガマズミの散房花序にも白い花。
昨日咲きはじめたばかりだというのに、もう小さな花蜂たちが集まっています。
今年は、各種ハナバチ(マルハナバチも含む)の他にも
ミツバチの姿が多く見られるようになった気がします。
アシナガバチも健在!
家族会議で裏庭の巣は撤去することになったけど(残念!) 毎日のように庭を訪れてくれています。

a0153104_10371281.jpg

建物際の花壇。
黄金シモツケの葉上では、生まれて間もないキリギリスの仲間?を発見。
肉食性の強い君たちだから、アシナガバチなどとともに庭の害虫駆除をヨロシク!( ̄_ ̄)ゞ です。

a0153104_10530440.jpg

粒々っとした卵塊が苦手な方は、ごめんなさ~いっ!・・・・・(((( ( ̄  ̄;) ウギャッ!!
たぶん、これ。カメムシの卵、よね?
ノブドウの葉の裏側で、うっかり見つけて・・・激写!です(汗)

a0153104_11033243.jpg
ついでに、こちらも \( ̄  ̄*) バシッ!!
いや・・・ね。個人的には嫌いじゃないものだから・・・つい(汗)
害虫駆除にも役立つし、よく見るとかわいい顔をしているよ!
いや、ほんと。苦手な方には、ゴメンです。
a0153104_11065440.jpg

最後に口直し的な写真を・・・と思ったけれど、どうにも上手く撮れなかったので、今日はこれにて。
小さな生き物たちとの共存を願う拙ブログだから、時々こんな昆虫特集が混じるのです(汗)


2014年4月29日。本当にゴメンよ~ r( ̄_ ̄;) ポリポリ
by. *niwanohana こと misuzu

 反省だけなら猿でもできる、ってセリフがあったよね(汗)



[PR]
by jardinar | 2014-04-29 12:28 | *小さな生き物たち
<< ベツレヘムの星 初夏を待つ青花たち >>