<< テントウムシの脱皮 クレマチス "クイー... >>

切り株に生えたキノコ

雨上がり。曇り空。これから梅雨に向かいます。
雑木の下を潜るたび、頭の上には雨しずく。ポタポタ・・・ピチャリ!
蚊よけに穿いたズボンの裾もしっとり濡れて冷たくなった。

雨後の庭の愉しみのひとつ、はこのキノコ。
まるでキクラゲのような姿だが、クロハナビラタケのようにキクラゲに似た毒キノコもあるというから
うっかり食さず眺めるだけに留めるが・・・やはり食せるのか否かは気にかかる(笑)

a0153104_08522490.jpg

庭の草間では季節の交代が進み、春咲き球根の葉が枯れ始めたので頃合いをみて取り除く。

a0153104_09204918.jpg

枯れ草ではないが・・・蔓延りすぎた植物たちも、場合によっては除外対象となる(汗)
斑入りのシランやコバギボウシの合間に伸びるサクラタデもそのうちのひとつだ。

a0153104_09253012.jpg

一見同じような景色だが、やっぱり違うよね~と思うのは、庭主の自己満足かな? (6 ̄  ̄)ポリポリ

a0153104_09322159.jpg

裏庭。ビオトープ池に蔓延る白花サクラタデの方は、夏の花群を期待して茂るに任せる。

a0153104_09351656.jpg

最後になりましたが・・・昨日の「お騒がせ」の経過報告をば。
学校から帰宅した子どもたちに順次話をしていくと
皆それぞれに、怒って、泣いて、喜んで、最後は(医師批判に終わらず)前向きな捉え方をしてくれました。
夫の終末期の経過もあって、医師・病院というものに幻想を抱かなくなった我が家では
子どもたちの第一声は「また!?」「医者ってそんなもの!?」「マジむかつく!!」で(汗)
まもなく安堵の涙ぽろぽろ。異口同音に「でも、よかった~」と言ってくれました r(^ω^*))) アリガト
昨日、Drが用意してくださった資料も、看護師・介護福祉士を目指す娘たちには役に立ち(感謝!)
資格試験を控えた次女などは頚椎画像とテキストを見比べて「なるほど・・・習った」と独り言つ(笑)
ありがたいことですね。子どもがたくましく育っていくということは (^_^)
きっと天国のパパも喜んでいてくれることでしょう。

昨日は長女の誕生日。
この世に生を享け、ここまで無事に育ってくれたことに感謝して・・・花飾る。
小輪の黄バラは長女が選んだもの。ビタミンカラーの黄色に「希望」と「前途」を託して。
白い小菊は天国で見守ってくれているパパを偲んで・・・。
花活けは学校で華道を習う次女がやってくれました。ありがとう♪ (^_^) ミンナ、ヤサシイ子ニ育ッタネ♪

a0153104_09585091.jpg


2014年5月27日。雨上がりの庭を眺めながら。
by. *niwanohana こと misuzu

 乾燥するごとに樹皮がはがれていく切り株には、時々防虫のための木酢液をかけています。



[PR]
by jardinar | 2014-05-27 10:10 | *四季の庭景色
<< テントウムシの脱皮 クレマチス "クイー... >>