<< 梅雨庭の花たちと室外機前の植栽 ナミガタシロナミシャクなど >>

ぐるり。

夏の緑に満たされる庭を眺めながら、考える。
四季をめぐり・・・時を経て・・・栄枯盛衰する庭で
「生きる」ということ、「育つ」ということ、「見守る」ということを考え直してみようと。
何をいまさらと思う自分もいなくはないが
初めは何もなかった庭に草木が殖えて。小さな生き物たちが集まって。
庭主が好むか好まざるかに関わらず、植物や生き物たちの淘汰や共存共栄があって。
半日陰の小さな庭に、小さな小さな生態系の片鱗が見えてきて。
これからどうなるのだろう、とか。
これからどうするのだろう、とか。
自然の理のみならず、庭主の嗜好や事情や、その他諸々の変遷を
振り返り、立ち止まり、また前を見据えて、ぐるり。考えていこうと思うのだ。
きっとすぐには「答え」など出ぬだろう。
たぶん「正解」などなく、その時その都度、求める「答え」は変わってくるだろう。
そもそも、それは「答え」なのか・・・永遠に続く「問い」なのか・・・。
わからないからこそ、丁寧に、向き合っていこうと思うのだ。

庭に咲く小さな花に季節のめぐりを感じ・・・。

         淡いラベンダー色の花を咲かせるコバギボウシ
a0153104_22365688.jpg

あふれる緑に時間がはぐくむ豊かさを知る。

a0153104_22531004.jpg


草むらに見つける小さな命は驚きと感動を与えてくれて・・・。

         何の蛹だろう?

a0153104_00292807.jpg

「生きること」「育つこと」の厳しさや素晴らしさを教えてくれる。
「見守るため」に必要な意志の強さや忍耐力に気付かせてくれる。

         サンゴジュ、カンボクなどの葉を好むサンゴジュハムシ

a0153104_00332716.jpg

きっと今、私は岐路に立っている。
どちらに進むか。いま来た道を戻るのか。歩みを止めてしまうのか。
「いつ」「どこで」「どんなふうに」「誰と」「どうやって」・・・etc.
悩み、考え、選択するのは、「私自身」なのだから。
ちゃんと立ち止まって、考えよう。
焦らなくても道はある。見つからなければ探せばいい。無ければ自分で切り拓く。
歩んでいくのは私自身ではあるけれど。
自ら探し求めるならば、きっと見失っていた道しるべにだって気づくはず。
だから今は立ち止まり、自分の立ち位置を見定めよう。
心静かに・・・丁寧に・・・ぐるり周りを見渡して。ちゃんと確認すればいい。

ぐるり。

私は「ひとり」だけど、決して「独りきり」じゃない。



2014年6月21日。岐路に立つ私の主語は「I」だけど、周りが見えてくれば「We」だよね!
by. *niwanohana こと misuzu

  曖昧模糊とした記事でゴメンね(汗) もう少し落ちついたら平常通りに戻ります。



by jardinar | 2014-06-21 01:20 | *welcome
<< 梅雨庭の花たちと室外機前の植栽 ナミガタシロナミシャクなど >>