<< 緑陰の夏虫たち 梅雨庭の水景色 >>

拙庭のグランドカバー植物

6月最後の週末。
今日は日中、カラリと晴れて、夏らしい陽気になりました ( ̄_ ̄ i)アツー!!
体調もやや改善傾向にあるので、涼しい時間帯を見計らい下草の切り戻し剪定&雑草取り。
成果は20Lゴミ袋ひとつ分だったので、まあまあの仕事っぷりと言えるでしょう。
それにしてもまあ、雨後のヤブ蚊の多いこと!!
うっかり蚊よけスプレー忘れたら、ワタクシ一瞬にして蚊溜まりのようになりましたのよ。トホホ....

けれども、徒長していくテンニングサを切り戻している際に
株元でひっそりと咲く可憐なツクシカラクサに気がついて (* ̄。 ̄*)。.:*:・ ウットリ
初夏の頃から次々花を咲かせてくれていたのでしょうね。平素は見落としていて・・・ごめんね。

a0153104_17060549.jpg

先日の更新でグランドカバーのお話をする予告したのに、ついつい先延ばしになっていたので
今日は拙庭のグランドカバー植物のご紹介をさせていただきますね。

a0153104_17155789.jpg

こちら↑は、庭入口で広がりつつあるオッタチカタバミです。
日照不足と水はけの悪さで芝が伸びないこの場所で、いつのまにやら勝手に殖えて(汗)
「小さな草地」の1/3ほどを現在覆ってくれています。
混植されているのは、ムラサキサギゴケ、ヒメイワダレソウ、メカルドニア、他数種。

a0153104_17391521.jpg

すぐ隣では、桃花ゲンノショウコの茂みの縁で
インディアンストロベリー(ヘビイチゴ)が黄色い花を咲かせています。

a0153104_18034673.jpg

「薪の小道」と「くるカラ&バークチップの広場」の境目で広がりつつある
ムラサキサギゴケは今年の我が家の定番景色となりつつありますが
いっそこのまま「薪の小道」も「緑の小道」に変えてしまえと、新たな苗を植えました。
アスチルベの奥。石の隣に植えてあるのが「新入り」です。
えーっと・・・名前はなんと言ったかな? う~ん、度忘れ。思いだせない(汗)
初夏~晩秋まで黄色い小花を咲かせてくれる一年草なのですが・・・あっ! メカルドニアだ!!
非耐寒性のため一年草扱いのようですが、昨冬、拙庭の「小さな草地」では辛うじて冬を越せました。

a0153104_18074063.jpg

下草だらけの庭なので、拙庭の植えてある植物の大半は
横に広がり地面を覆うグランドカバー植物だといっても過言ではないのですが(汗)
踏み圧の心配をしなくてもいい、こ~んな場所や。

a0153104_18202629.jpg

あ~んな場所のグランドカバーも大好きで (^w^) ウフ♪
蔓性ヘデラを使って、地表は(こまめな剪定で)ほどよい茂みを保ちつつ
長~く伸ばした蔓はくるくる枯れ枝オブジェに絡ませて、壁面利用もしちゃったりするのです♪

a0153104_18220382.jpg

あっ! ムラサキサギゴケの合間に、マンネングサの黄色い花をみいつけた!
これも勝手に生えたもの。拙庭は、庭主よりも自然の方が断然センスがよいのです(汗)

a0153104_18332415.jpg


2014年06月29日。このままだと、小道はすべてグランドカバー植物で埋め尽くされそうね (゚_゚i)タラー
by. *niwanohana こと misuzu

 なんか・・・普段は紹介しにくい地味草たちを紹介したかっただけな気も(汗)



by jardinar | 2014-06-29 18:41 | *四季の庭景色
<< 緑陰の夏虫たち 梅雨庭の水景色 >>