<< 稚バッタくん、危うし! 拙庭のグランドカバー植物 >>

緑陰の夏虫たち

夕方以降に降る雨で、niwanohana地方はちょうど良いお湿り。
庭の青草たちは文字通り青々として、見ているだけで清かな気持ちになりますね。
雲の切れ間から顔を出す夏の陽射しと・・・影木立。
緑の色が深まるごとに、斑入り植物たちのコントラストが際立っていくのが印象的です。

a0153104_10065808.jpg

庭を歩けば、夕べの雨滴をまとったコバギボウシに稚カマキリ。
見つけたときには、両鎌伸ばしてピーンと一直線に擬態?してたのに
カメラを向けた途端に・・・キュッ!と脇を固められちゃって(笑)
毎度おなじみのポーズだけど、被写体になってくれただけでも、まあいいか。撮影協力、ありがとう♪

a0153104_09591651.jpg

う~んと・・・視線の先で、何かが動いたような気が σ( ̄、 ̄=)オヤッ?
小さな草地に近づいてみる。
あっ、いたっ! 今年は初の出逢いかな?
桃色ゲンノショウコの葉群に隠れて・・・夕べはそこで雨宿りでもしていたの?

a0153104_10252023.jpg

この時季は花の少ない拙庭だから、足元で咲くこんな小さな花も撮っておく (6 ̄  ̄)ポリポリ
シックな黒軸に連なる、コクリュウの花。
普段は庭の添え草として地味な扱いをしていることも多いけど
ユリ科ともスズラン科とも言われるだけあって、花の姿は可憐だね♪

a0153104_10343815.jpg


2014年07月01日。夏至を過ぎて、少しずつ日が短くなっていきますね。
by. *niwanohana こと misuzu

 もうすぐお盆ですね。今日は花と線香をもって、お墓掃除に行ってきます。



[PR]
by jardinar | 2014-07-01 10:59 | *小さな生き物たち
<< 稚バッタくん、危うし! 拙庭のグランドカバー植物 >>