<< 庭入口の課題とアメリカリョウブ 緑陰の夏虫たち >>

稚バッタくん、危うし!

青く澄んだ空にモクモクと白い入道雲が見え始めるこの季節。
先日ご紹介した小さな草地では、カタバミの黄花にヤマトシジミが集まるようになりました。
ヒラヒラ・・・パタパタ・・・花から花へと巡っては
吸蜜&求愛行動を繰り返すさまは、微笑ましくもあり、愛らしくもあり♪
・・・とここまで書いたけど。
ヤマトシジミには逃げられたので、黄色い小花のみご紹介させていただきます <(_ _;)> ペコリ

a0153104_11083870.jpg

そのため、今日の主役はヤマトシジミではなく σ(^_^;)アセ
孵ったばかりとみられるショウリョウバッタの幼虫で。

あっ! 危ないっ!!
西洋ナツユキソウの葉上では、早速「稚バッタ vs 幼カマキリ」の生き残り戦が始まっている(汗)
う~ん・・・カメラを向けても両者ともにピクリともしないので、ここは自然の摂理に任せよう。

a0153104_10024450.jpg

主庭と裏庭。全部合わせても駐車場2台分くらいしかない小さな庭でも
毎日こうやって捕食の関係が繰り広げられ、喰ったり、喰われたり、なんとか逃げ延びたり、している。
今も・・・トラフススキの葉群からドロバチが何かを抱えて飛んでった(汗)

a0153104_10310318.jpg

先日、コクワガタの♀をみつけた切り株で、サルノコシカケ?を見つけたよ。
自然の厳しさを垣間見た後は、こういう静かな景色で心を癒す。
どちらの命も大切だけど、どちらの命も生き残るために必死なのだから・・・仕方がない。見守るのだ。

a0153104_10372658.jpg

主庭の奥。ヒメコブシ下の植え込みで、斑入りホトトギス "オータムグロー" に小さな蕾♪
柔らかな産毛に包まれて、ほんのりと色づき始めたね。
季節は廻り・・・命も巡り・・・自然は優しく厳しく、其処に在る。
庭をあちこち眺めると、食草さがして、棲み処をさがして、拡散していく稚バッタたちも其処に居る。
うん・・・今日も頑張って、生きていこう。



2014年07月02日。あれ・・・なんか、しんみりしちゃった σ(;_q)ヾ(^_^;)ヨシヨシ
by. *niwanohana こと misuzu

 今年のバッタ食害被害は如何ばかり、かな・・・とも思う庭主です(汗)



by jardinar | 2014-07-02 11:26 | *小さな生き物たち
<< 庭入口の課題とアメリカリョウブ 緑陰の夏虫たち >>